スポンサードリンク

2013年05月30日

黒子のバスケ ネタバレ 214 確定 画像

黒子のバスケ ネタバレ 214 確定 画像

黒子のバスケ第214Q確定版のネタバレ画像バレいきます。

圧倒的な力で全中出場を決めた帝光中学。

しかし大会前は青峰の表情がすぐれていなかったようです・・・

その原因は解決したのでしょうか???

では第214Q行きましょう!


【第214Q:楽しみだ!】

『キセキの世代』が
スターティングメンバーとなり
過去最強と噂される帝光は
全中地区予選初戦を快勝

その後も
順調に勝利をおさめ

危なげなく
全中出場を決めた

だがその全てが
順風満帆だったわけではなく・・・

それを語るために

話は初戦突破の
翌日から始めることになる

桃井「予選初戦無事突破!」

「おめでとーーー!!」

ふーーーん

青峰「ん」

緑間「そうだな」

桃井「あれ テンション低い!?」

青峰「むしろなんでそんなお前が高けーのか聞きてーよ(去年も優勝したし)」

紫原「いつものことじゃんー」

桃井「・・・・・・」

黄瀬「黒子っちは昨日からずっと幸せそうっスけど・・・」

青峰「テツは公式戦では初めてだったからな・・・・・・(練習試合ではさんざんやったけど)」

赤司「まあ勝ったのはよろこばしいことだ」

「この調子で油断せず行こう」

「と言って終わりにしたいところだが」
「一つ提案がある」

「今のこのチームは強い」
「先輩達の話を聞いても過去最強と言ってもいいだろう」

黄瀬「?」
「それに何か問題あるんスか?」

赤司「だからとも言えるが 試合で価値が決まってから モチベーションの低下がしばしば目立つ」

「だが監督も言っていたはずだ どんな相手にも全力を尽くすのが礼儀と」

「よってノルマを課したい」
「と言っても簡単なものだ」

「相手によって変更もあるが」
「基本一試合一人20点とること」

黄瀬「いーんじゃないっスか?楽しそーだし」
「ねー青峰っち!」

青峰「あー・・・」
「なんか めんどくせーな・・・」

黄瀬「あれ?なんかノリ悪くないっスか?」
「青峰っちむしろこーゆーのいつも燃えるじゃないっスか」

青峰「だってよー勝ってんならいーだろ別に・・・」

赤司「オレも決して好んで課すわけではない」

「だがはっきり言わせてもらえば」
「今言ったモチベーションの低下が特に目立つのはお前だ」

「いやならばプレイで示せ」

「スコアラーが得点に執着しないようではチームの士気にもかかわる」

青峰「・・・わかったよ」
「とにかく点とりゃいいんだろ」


オオオ オ オ・・・


101 ‐ 29

51 ‐ 90


その後も帝光は
予選トーナメントを順調にコマを進めた

だが―――


黒子「青峰君が休み・・・?」

「カゼか何かですか?」

黄瀬「さー?電話してもつながんないんスよね」

緑間「桃井何か聞いているか?」

桃井「ごめん私にもさっぱり・・・・・・」

赤司「とりあえず理由がわかったら教えてくれ」

「話はそれからだ」

黄瀬「珍しいっスねマジ」
「青峰っちが練習休むなんて・・・」

紫原「まーどーせすぐ戻ってくるんじゃないのー?」


だが理由は―――

サボリだった

その後きびしく注意を受けたが

逆に
その頻度は徐々に
増していった


プルルルルルル・・・
プルルルルルル・・・

ガチャッ

荻原「よう黒子じゃん!珍しいなメールじゃなくて電話なんて」

黒子「今ちょっといいですか?」

荻原「おう!どうした?」

黒子「実は・・・」

荻原「・・・ふーん・・・エースのサボリねー」

黒子「どう思いますか?」

荻原「どーって言われてもなぁ・・・・・・」

「ムズカシイ・・・てゆかなんでオレさ?(汗)」

黒子「キミは青峰君と似ているので何かわかるかと・・・」

荻原「どんなムチャぶりだよ!?てか似てねーし!!(知らんけど!)」

「・・・んー」

「よくわかんねーけど 前ちょっとだけ聞いた灰崎って奴とは違う気がすんなー」

「バスケを嫌いになったわけじゃないんだろう?」

「むしろ誰よりも好きだから」
「練習に出れなくなってんじゃねーかなー?」

黒子「?」
「どういう・・・・・・」

荻原「わっかんねーよ なんとなくだなんとなく!」

「ただまあ はっきり言えるのは」

「今までに青峰には何度も助けてもらったんだろ?」

今度はお前が助けてやれよ

それが仲間ってもんだろ

黒子「・・・はい」

荻原「あ あとな」
「ウチもあと2つ勝てば全中出場なんだ」

「あん時の約束果たすまで負けんなよ!」
「・・・って帝光じゃそんな心配ねぇか?」

黒子「はい」
「もちろんです」

「ありがとうございました」

「・・・じゃあ」

写真 (7).JPG

オオオ オオ・・・

ワアア・・・

ドッ

写真 (8).JPG

会場「うおっ!?」

「なにぃいーーー!?」

「なんでアレがはいるんだー!?」

監督「フム・・・」

"完全に開花したか―"

虹村"スゲェ・・・これが"

"青峰の本当の姿かよ"

桃井"けど・・・"

"なんで・・・?"

"青峰君・・・"

"なんでちっとも"

"うれしそうじゃないの・・・?"


黄瀬「最近青峰っちヤバくないっスか?」

「あんなんだとバスケ楽しくてしょーがないスよきっと!」

緑間「・・・・・・・・・」

「・・・むしろ逆な気がするのだよ」

黄瀬「は?」

「なんでっスか?」

緑間「あいつは誰よりもバスケを好きであるがゆえに」
「誰よりも欲しているものがある」

「それは」

「自分と対等に勝負ができる好敵手だ」

「今までもあいつは強かった」

「・・・がまわりと比べて頭一つ程度の話だ」

今のあいつは強すぎる

好敵手どころか逆にまわりとの差が開いてしまったのだよ 圧倒的に


青峰「だからよ・・・」
「頑張ったら頑張った分だけ」

「バスケがつまんあくなってくんだよ」

黒子「青峰君・・・」

青峰「ま」
「バスケなんてとどのつまり遊びだしな」

「ノルマこなす程度には頑張って」
「あとはテキトーに・・・」


黒子「それはだめです

スポッ・・・

ひやっ・・・

青峰「んなあっ〜〜〜!?(アイス!?)」

黒子「ボクはいつもみんなについていくので精一杯です」

「正直 青峰君の感覚はわかりません」
「・・・けど」

もしどんなに力が離れてても
手加減されたり手を抜かれたりするのは

ボクが相手だったら
絶対にしてほしくないです


ビーーー

試合終了ーーー!!

61 − 105

ワアアアア

会場「帝光勝利ーーー!!」

「盤石の一位で全中出場決定ーーー!!」

アアア


黒子「もしどんなに力が離れてても
手加減されたり手を抜かれたりするのは

ボクが相手だったら
絶対してほしくないです

青峰「・・・テツ」

黒子「それにどうせ」

「青峰君よりすごい人なんてすぐ現れますよ」

青峰「・・・っはは(このやろ)」


写真 (9).JPG


ヴー〜−〜−・・・
ヴー〜−〜・・・

ピッ

写真 (10).JPG


「おーい何やってんだ」
「おいてくぞシゲ!」

荻原「あっ」
「うぃーす!」

ジジッ

ミーンミンミン・・・

荻原「はー暑っち・・・」

「夏に・・・ってかもう夏だぜすっかり」

「けどもうすぐ会えるってことだわな!」

「オレもスタメンになったぜ黒子」

写真 (11).JPG

そして
黒子にとっては
初めての

全中が始まる―――

第214Q/おわり


青峰の浮かない顔は、
自分が上手くなりすぎることが原因だったんですね。

凡人にはわかりません。

そしてついに明らかになった黒子の小学生時代の友人「荻原」

またイケメンが登場です。

とにかくこの漫画にはブサイクが登場しませんね(笑)

さて、彼も全中へ出場することができるのでしょうか?

そして黒子vs荻原・・・

いや、青峰vs荻原の対決はおこるのでしょうか?

次号も楽しみですね!

〜 黒子のバスケ ネタバレ 214 確定 画像 〜







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364568750
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。