スポンサードリンク

2013年04月09日

黒子のバスケ ネタバレ 208 確定 画像

黒子のバスケ ネタバレ 208 確定 画像

黒子のバスケ第208Q確定版のネタバレ画像バレ行きます。

ついに一軍昇格を果たした黒子。

そして昇格していきなりむかえる試合。

はたして黒子はパフォーマンスを発揮して一軍降格をまぬがれる事ができるのか?

【第208Q:大丈夫です】

写真.JPG

「うおっ・・・」

「来たぞ・・・」

「最強・・・」

「帝光中学校・・・!!」

主将「連絡ついたか?」

部員「部員いや・・・まだらしい」

主将「ったく」

紫原「やったことないトコもいくつかいるけど・・・」
「たいしたことなさそーじゃね〜〜〜〜〜〜?」

緑間「かしを食うな紫原」

赤司「いや・・・だが油断はするな」

青峰「つってもまぁ・・・」
「一年だけでも問題は無さそーだ!」

「だからそんなキンチョーすんなってテツ」

ギシッ

黒子「・・・え?」

ギギッ・・・

「今何か言いましたか?青峰君」

青峰「キンチョーすんなって・・・」
「ったく頼むぜ一発勝負の昇格テストで合格したんだろ?」

黒子「あれは開き直ってたと言うか・・・」

「三軍でも外と練習試合はありましたがいつも応援でしたし」

「それがいきなりユニフォームをもらい しかもベンチ入り」

「そもそも試合に出るのは人生はちゅで・・・」

青峰「かむなよ」
「えっ!?マジで!?初!?」

紫原「ホントもー」
「足だけはひっぱんないでよねー」

ハ―・・・

緑間「・・・まったくなのだよ」

ピリリリリ・・・

赤司「灰崎です」

バシッ

主将「あ"あ"ん!?よこせ!!」

ピッ

「灰崎ぃ!!テメェいまドコだ!!」

灰崎「すんませーん カゼひいちゃって・・・・・・」

ピコ ピコ ヒュー ドドーン

主将「あ"あ"!?カゼェ!?」

灰崎「いやマジで熱39度ぐらいあってセキも・・・」
「ゴホゴホ」

主将「・・・・・・・・・(怒)」

「チッ」

ピッ!!

「寝坊して仮病だな」
「あとでシメとけ」
「今回は特別キツくな」

赤司「はい」


コーチ「灰崎は欠場」
「よってスタメンを変更する」

「スターティングメンバーは」

「赤司」
「青峰」
「緑間」
「紫原」

「そして灰崎の代わりに」

「黒子」
「以上だ」

「行ってこい」

写真 (1).JPG

会場「始まるぞ成功の試合」

ザワザワ

「対する南原もここ数年は全中出場を逃してるが予選では常に上位の強豪だ」

「それより・・・帝光4人しか整列してなくね?」

「・・・いや!いるよもう一人・・・つかウッス!カゲ」

「え・・・あ!」
「え!?アレが!?帝光スタメン!?」


「よろしくお願いします!!」

青峰"テツ リラック・・・"

"うおダメだ!!"
"生まれたての子ジカみてーになってんぞ!?"

ピッ

会場「始まった!!」

「帝光ボールからスタートだ」

ダムッ

赤司「落ちついて黒子君」
「まずはゆっくり・・・」

ビタンッ

写真 (2).JPG

黒子「・・・すみません足がもつれてしまって・・・」

ムクッ・・・

「大丈夫です(鼻血)」

赤司「いや・・・全然大丈夫ではないね!?(汗)」

青峰「うおおいテツ!!(汗)」

黒子「え・・・」
「あ」

ピピピッ

審判「レフェリーストップ!!」

会場「はぁあー!?」

「なんだアレ!?」

ワハハハハ・・・

紫原「ありえないんだけど!?」

「足ひっぱるどころかいきなりパンツぬがされたキブン!!」

緑間「なんなのだアイツは・・・恥なのだよ」

青峰「一秒で交代しちまったぞ」

赤司「いや・・・」

「これはさすがに・・・」
「想定外だ」

コーチ「・・・・・・しかたがない」

「たのむぞ虹村」

虹村「はい」

ビーーー・・・

オフィシャル「帝光選手交代です」

会場「うおっ・・・でたぞ帝光主将」
「虹村修造」

ザワザワ

「中学NO.1の呼び声も高いPFだ・・・!!」

虹村「・・・まー細けー説教はアトだ」

「まずは」
「勝つぞ」

紫原・緑間・青峰「オレらなんもしてないのに・・・」

バシッ・・・

虹村「う」

「らぁ!!」

ドッ

会場「はえー!!」

「DF一歩も動けずー!!」

ブオッ

緑間 バシッ

ビッ

パッ

虹村「っしゃあ」

コーチ「バカモン制限を忘れたのか」

「お前は今日はもっとセーブして戦え!」

虹村「あ」
「いっけね」

写真 (3).JPG

パシ

ガンッ

会場「うわあっ!!」

「アリウープ―――!?」
「中学の試合だぞ!?」

ワアアアアア

「どいつもこいつも手がつけられねえ!!」
「しかも虹村以外全員一年だろぉ!?」

「逸材ぞろいだ」

「強すぎる帝光!!」

帝光 51 - 31 南原

コーチ"だがまだ一年・・・"

"スタミナばかりはどうしようもないか"

"わずかだがやはり後半から全員パフォーマンスが徐々に落ち始める"

"今日は午後からもう一試合ある"

"課題がより浮き彫りになるのはこれからだな"

"そして・・・"

「もう鼻血は止まったか?」

黒子「はい」

ビーーー・・・

オフィシャル「帝光選手交代です」

写真 (4).JPG

ボンッ

黒子「あ」

ピッ

審判「アウトオブバウンズ!!」
「南原ボール!!」

会場「なんだ今の・・・?」

「さあ?」

ザワ ザワ・・・

紫原「・・・・・・」

ガッ・・・

「あのさ〜〜」
「何今の・・・ふざけてんの?」

黒子「ふざけてません」

紫原「ヒネリつぶすよ?」

黒子「ヒネリつぶさないでください」

緑間「やめるのだよ紫原」

"なるほどな・・・"
"だいたいスタイルはわかった・・・確かに面白いが"

青峰"成功させなきゃマジで足ひっぱるだけだぜ正直"

"頼むぜテツー"
"しゃきっとしろよ"

赤司「落ちついてまわりをよく見るんだ」

"ミスが多すぎる・・・"

"緊張かまだ型が完全に自分のものになっていないか・・・"

"その両方か"

"とにかくこのままではマズいな"

黒子「・・・・・・」


ビーーー・・・

帝光 81 - 51 南原


カパッ

お"お"ーーー・・・ん・・・

写真 (5).JPG

紫原「峰ちんー何ソレ?」

青峰「弁当・・・」
「さつきの」

紫原「すげーいいじゃん」

青峰「いる?」

紫原「グロいからいい〜〜〜」

青峰「ちょっとコンビニ行ってくるわ」

緑間「早くもどれよ」

青峰「元気出せってテツ!」
「まだもう一試合あんだ」

「次で挽回すりゃいーさ」

黒子「・・・青峰君」

「そうですね・・・・・・」

「がんばります」


青峰「あれ?」

"コーチと主将・・・"
"何話してんだ?"

コーチ「次はない」
「さきほどの試合で十分わかった」

「黒子はやはりダメだ」
「降格してもらう」

第208Q/おわり


いよいよ黒子が一軍の試合に出場しました!

しかし、開始直後に足がもつれて顔面打って鼻血だすとは・・・

そして試合内容もダメだったみたいですね。

しかし、三軍の試合でも応援で初めての対外試合だと言ってますが、
よく昇格試験で結果出せましたよね。

実は黒子、運動能力高いのでは???

さて、コーチはもう次はないと言っていましたね。

そこに青峰が通りかかったわけですが、
黒子はどうやって次のチャンスをもらうのでしょうか?

次の展開が気になりますね。

〜 黒子のバスケ ネタバレ 208 確定 画像 〜






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。