スポンサードリンク

2013年02月26日

黒子のバスケ ネタバレ 202 確定 画像

黒子のバスケ ネタバレ 202 確定 画像

黒子のバスケ第202Q確定版のネタバレ画像バレ行きます。

第201Qでついに黄瀬を止めたと思った誠凛。

ところが黄瀬は以前の黄瀬ではありませんでした。

仲間を信じて笠松へパス!

そして残り4.7秒で放たれたシュートの行方は・・・

【第202Q:思いませんでした】

写真 (6).JPG

ワアァァアァ

会場「決まったーーーーーー!!」

「残り時間4秒・・・海常再び・・・」

「逆転―――!!!」

根武谷「・・・・・・決まったな」

「決勝の相手は海常かー」

赤司「・・・いや」

氷室”まず間違いなく勝負は決まった”

“だが・・・何か腑に落ちない”

“残りわずか4秒足らず・・・”

“ここからいったい・・・”

“・・・4秒”

“も”

“ある・・・”

“なぜだ!?”

“誠凛がラン&ガンで短時間で決めたからだ・・・!”

“ベンチも表情は深刻だが慌ててはいない”

“なぜだ・・・!?”

“こうなることを覚悟していたからだ・・・!”

“つまり ここまですべてをわざと・・・!!”


〜前回のタイムアウト時〜

誠凛ベンチ「すげーよ黒子!」

「まだ不完全って全然そんなことねーじゃん!」

「黄瀬の動きを決める所まで読めてるならあとはそこを狙えば・・・」

黒子「・・・・・・止められるかもしれません」

「ただしこれはワンマンプレーヤーだった頃」

「中学時代の彼だったらの話です」

ベンチ「・・・・・・!」

黒子「今の黄瀬君は違う」

「ここからのパスも選択肢に加わるとどうしてもプレイを絞りこめないんです」

「本当にすみません」

「ボクは昔 彼にチームの為に戦える選手になってほしいと願いましたが」

「ここで手がつけられなくなるとは思いませんでした」

「だからお願いというのは」

「黄瀬君を止めるためではありません」

〜回想おわり〜

キュッ

「・・・まだだ!」

笠松”しまった―――”

火神「言ったはずだぜ」

木吉「走れ火神―――!!」

写真 (7).JPG

海常ベンチ「な に いーーー!!?」

バシィッ(火神キャッチ!)

会場「誠凛渾身最後のカウンター!!」

「しかも先頭は火神だ!!」

残り3.7秒

桃井「速い!!」

根武谷「絶好の形だ!まさか・・・」

赤司「あぁ・・・これが誠凛の本当の狙いだ」

「カウンターの為の数秒をつくったうえで涼太をゴール下まで誘いこみ火神をいち早くスタートさせる」

「ラン&ガンから始まる全ての流れはこの瞬間に集約されている」

「涼太を止めることは諦めたとしても」

「やはり勝負を諦めるようなタマではないね」

「テツヤ」

残り2.6秒

笠松”速ぇえ・・・!!どころか追いついたとしても”

“クソッ”

“火神を止めるにはオレじゃ高さが圧倒的に足りねェ・・・!!”

“どうす”

黄瀬”まだだ まだ終わってない!!”

日向「なっ・・・」

誠凛「そんな・・・」

「ウソだろ」

写真 (8).JPG

会場「うわぁぁ黄瀬!?」

「マジかよ 速すぎる!!」

木吉「くそっ・・・!!」

“小堀の反応が一歩早かったせいでロングスローの軌道を変えられた・・・・・・!!”

“予定より山なりに投げたせいで”

“黄瀬が走る時間ができてしまったんだ・・・!!”

火神「ぐっ・・・」

“どうする・・・ドリブルでかわすような時間はねぇ”

“シュートだ・・・!!”

“だとしたらイチかバチかだが 今の黄瀬に通用するとしたら一つっきゃねぇ!!!”

「黄瀬ぇぇ!!」

ドッ!!!

誠凛「頼む火神―――!!」

氷室「これは・・・・・・!」

“タイガがアレックスから教わった”

“超高高度からの投げ込み式ダンク・・・”

写真 (9).JPG

バッ!!!

黄瀬「ああああ」

火神がこの技を成功させたのは

前の陽泉戦でゾーンに入った時 一度きりである

さらに黄瀬の圧力は

火神ですら圧倒されるものだった

火神”ダメだ・・・・・・!!”

“このシュートは失敗・・・す・・・る”

黒子「火神君!!」

黄瀬”黒子っち・・・・・・!!”

“けど一歩遅かったっスね”

“もうボールは火神っちの手を離れる”

“ダンクは止められない・・・!!”

火神「まだだぁ!!」

ボッ!

黄瀬「なっ!?」

バンッ

写真.JPG

写真 (11).JPG

第202Q/おわり


なんと!?

前回の予想が当たってしまいました!!!

木吉(赤木)スローイン→

火神(流川)キャッチ、シュート体勢まで行くもシュートできず

主役の黒子(桜木)がパスを受けブザービーター!!

やっぱりバスケマンガの鉄板なんでしょうかね(笑)

間違いなく盛り上がります。

しかしこの状態で0.6秒でキャッチしてクイックリリースでシュートを打って決めると言うことは、黒子のシュート力はかなりのものですね。

相当練習をしたのでしょう。

そしてこれ、良く見るとノーチャージングエリアないんですね!?

さてさて、見事勝利した誠凛!

次回は決勝までの間の描写があるんでしょうね。

それともまさかの先にブザーが鳴っててノーカウント!!

なんていうおもしろい展開があったりするのでしょうかね?

ないですね(笑)

次回の展開を楽しみに待ちましょう!

〜 黒子のバスケ ネタバレ 202 確定 画像 〜







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。