スポンサードリンク

2013年03月26日

黒子のバスケ ネタバレ 206 確定 画像

黒子のバスケ ネタバレ 206 確定 画像

黒子のバスケ第206Q確定版のネタバレ画像バレ行きます。

今週は巻頭カラーでしたね。

写真 (2).JPG

淡い色使いがまたカッコイイです。

さて、顧問に退部勧告を受けて自暴自棄になっていた黒子に声をかけた赤司。

黒子はその才能に気付くことができるのでしょうか?

【第206Q:彼しだいさ】

赤司「・・・・・・なるほど」
「やはり面白いな」

「初めて見るよ」
「キミほど・・・・・・」

「バスケットボールに真剣に打ちこみ」
「その成果が伴っていないひとは」

黒子「すみません・・・ちょっと今その言葉を受けとることができる精神状態ではないです」

ズ〜〜〜ン

赤司「ああっ すまない」
「そういう意味ではないんだ」

「オレは感心しているんだよ」

「運動能力は低いが運動神経は悪くない」
「頭が悪いわけでもなくスポーツIQはむしろ高いと言っていい」

「キャリアと練習量も十分経験者と呼べるものだ」

「にもかかわらず・・・キミを見ても何も感じない」

「これは極めて特殊なことだ」
「普通どんな人間でも何かスポーツをある程度やりこめば」

「強弱の差はあれ経験者特有の空気が出る」
出てしまうものなんだ」

「平たく言えばキミは日常生活に限らず」
「スポーツ選手としても存在感があまりにない」

「繰り返すがこれはとても特殊なことだ」
「短所ではなくむしろ逆・・・」

「これはキミの長所だ」

「生かすことができれば必ず大きな武器になる」

黒子「存在感のなさ」
「を生かす・・・?」

「そんなこと・・・・・・」
「できるんですか?」

赤司「・・・・・・」

「悪いが・・・」

「オレに言えることはここまでだよ」

「なぜなら今言ったことはバスケの既成技術を教えるのとは違う」

「全く新しい型を生み出すということだ」

「そのためには自分で試行錯誤しなければいけない」

「今までにない新しい型を貫くには信念がいる」
「仮に教えることができたとしても半信半疑ではすぐ折れてしまうからね」

「それにオレ自身も練習や副主将の仕事がある」
「どちらにせよ手とり足とり教えるような時間はない」

「とは言えキミに期待してるのは本当だ」

「だからヒントを出そう」

「一つは」
「新しいことをやる以上 固定概念は捨てること」

「もう一つは」

「長所はあってもあくまでキミ自身は弱い」
「生かすのは自身のためではなくチームのためだ」

黒子「?」

赤司「あ あと一つ」

「これはヒントじゃないが」

「答えが出てもその実用性は」
「おそらく従来のテスト方式でははかれないだろう」

「出たらオレの所においで」
「コーチと主将に推薦して違う方式でテストしよう」


赤司「緑間」

「聞いていたのか」

緑間「お前が一目置いた奴がどんなものか気になったのだよ」

「だがやはりオレにはとても信じられん」
「本気であんな奴が化けると思っているのか?」

赤司「・・・さあね」

「可能性は感じたがあったばかりの他人だ 友人などではない」

「あれこれ世話する義理はないね」

緑間「・・・・・・」

赤司「オレは糸を垂らしただけだよ」

「それをのぼってこれるかどうかは」

「彼しだいさ」


顧問「続ける・・・?」

「いいのか?それでも・・・」

「・・・・・・」

「いや・・・もう何も言うまい」

「がんばれよ」


黒子「青峰君」

「ボク・・・」

「もう少し・・・がんばってみようと思います」

青峰「おう!」

「じゃーまた練習後はそっち行くからよ!」

黒子「はい・・・!」

写真 (3).JPG

青峰「どーよそんで」
「見つかりそうか?」

「赤司が言ってたお前だけのバスケ型ってのは」

黒子「・・・まだです」

青峰「だろーなー」

ズ―ン・・・

青峰「実は赤司にからかわれただけじゃねーの?(笑)」

黒子「ひどいです」
「しまいには泣きますよ」

「・・・赤司君てどんな人なんですか?」

青峰「ん?あー うめーよアイツは」
「頭いいし常にまわりもみえてる PGとしちゃ文句なしだろ」

黒子「じゃあやっぱりボクがPGを目指しても違いますね・・・」

「それでは三軍でも通用しなかったし」
「赤司君がいたらなおさら必要ない」

青峰「テツお前PGだっけ?」

黒子「赤司君はチームのために何ができるか考えろと言いました」
「ボクはシュートは下手だし そうなるとやはり必要なのはパスやアシストかと・・・」

青峰「ふーん」
「まー赤司だって万能じゃねぇし」
「できないこともあんじゃね?」

黒子「・・・例えば何ですか?」

青峰「なんかすげえ曲がるパスとか・・・」
「バナナパス!みてーな」
「ギュワッてよ」

黒子「それは誰にもできません」

「あ」

「すみませんボクちょっと欲しい小説あるんで・・・・・・」

青峰「おー」
「じゃまた明日なー」

写真 (4).JPG

"一つは"
"新しいことをやる以上固定概念は捨てること"

写真 (5).JPG

"長所はあってもあくまでキミ自身は弱い"
"生かすのは自身のためではなくちーむのためだ"
"なんかすげぇ曲がるパスとか"


キュッ キュッ キュッ

部員「え・・・!?」

「なんか最近 黒子カット上手くなった?」

「ああ オレも思った」
「つーかそれより・・・」

「黒子前より・・・」
「カゲうすくなってねーか?」


キュッ キュッ


バンッ


「うわっ!!」
「だっ・・・え!?赤司?」

「おーい赤司?お客さんだ」

赤司「・・・やあ」
「黒子君」

「待ってたよ」

「三か月ぶりだね」
「答えは出たかい?」

黒子「はい」

赤司「では・・・」

黒子「あの・・・一つお願があるんですが」

「可能ならば・・・・・・」

「試合形式で見てもらえないでしょうか」

赤司「 」

「分かった」

「聞いてみよう」

主将「あァ?」
「あーあいつかァ前言ってたの・・・」

「・・・マジで?(アイツ!?)」

「まーいいや コーチもお前の推薦奈良いいっつってたし」

「約束通り見るだけ見てやらァ」


部員「おい・・・あれ一軍のコーチと主将だろ?」
「副主将もいんぞ」

ザワ ザワ・・・

「なんなんだいったい・・・」

赤司「今日が二軍・三軍の合同練習日でちょうどよかった」

「混乱を避けるため部員達に詳しい事情はふせてある」

「確認しよう」

「テスト形式は二軍対キミのいる三軍の5対5ミニゲーム」
「ここで実力を見せてもらう」

「まず勝つこと」
「その上でコーチと主将を納得させるだけのプレイを見せること」

「それが合格条件だ」

「なおこのテストは例外中の例外だ」

「チャンスは一度きり 次はない」

「じゃあ」
「健闘をいのるよ」


ピーーーッ

審判「それでは二軍対三軍の試合を始めます」

写真 (6).JPG

写真 (7).JPG

第206Q/おわり


黒子がついに視覚誘導を身につけたようですね。

普段でもカゲがさらに薄くなっているという、普通の子どもなら嫌なはずですが、バスケのために普段から意識して生活をしていたんですね。

それにしても最後の一ページ。

中学一年生が、飛んで来たパスをキャッチせずに右手一本で90度方向を変えてパスを出しています!!?

この腕の振りはタップやはじく程度ではないですよね!?

相当な筋力とハンドリングを兼ね備えた選手に成長しました(笑)

この帝光中編面白いですね。

試合で行われていたような余計な観客の解説がないからリズムよく読めますね。

はたして、黒子は三軍を勝利に導くことができるのでしょうか?

楽しみです。

〜 黒子のバスケ ネタバレ 206 確定 画像 〜

2013年03月19日

黒子のバスケ ネタバレ 205 確定 画像

黒子のバスケ ネタバレ 205 確定 画像

黒子のバスケ第205Q確定版のネタバレ画像バレ行きます。

帝光中編に突入。

キセキの世代の出会いからその謎が徐々に明らかに。

さて今週はどんな展開が・・・

【第205Q:わからないんです】

ハァ ハァ ハァ ハァ

ビー

先生「一分休憩 終了ー!」
「次スリーメンいくぞ!!」

部員「ウィス」

「ドリブル入れんなー」
「パスだよ」
「走れー」

黒子「・・・・・・っ」

「うおぇぇぇー・・・」

部員「あーここで吐くな・・・」
「えーと・・・お前!」
「トイレ行って休んでろ」


部員「おい聞いたか?この前いきなり一軍行った4人」
もうレギュラー入り決まったらしいぜ

「うわー」
「なんか別格ってカンジだな― 天才っての?」

「あと最近もう一人入って そいつもいきなり一軍だってよ」
「確か灰崎ってヤツ・・・」

「あーあのちょっとコワイ奴!?」
「マジかよ!?」

「お」
「ウワサをすればだ」

「そーいえば教一軍は四中と練習試合って言ってたな」

黒子「・・・・・・・・・」

写真.JPG


先生「・・・村俊介」
「2軍行きは以上だ」
「今回上がれなかったものは次回またがんばるように!」

部員「くっそ―あそこでミスしなきゃ・・・」

「次こそ上がろうぜ絶対・・・!」

黒子「・・・くっ」

写真 (1).JPG


部員「最近アイツ吐かなくなったな」
「名前は・・・えーと黒子だっけ?」

「ああ あの体格で音をあげないだけでもたいしたもんだよ」


先生「居残り練習?」
「かまわないが・・・カギはちゃんと返して下校時間は守るんだぞ」

写真 (3).JPG

桃井「最近あそこ・・・・・・」
「オバケが出るらしいよ」
ゴクリ・・・

青峰「・・・は?」

「何言ってんだ さつき お前」
「バカか」

桃井「ホントなんだってば!」
「3軍の体育館は練習後人がいないのにボールの音とか聞こえるんだって・・・」

青峰「アホくさ!んなことあるわけねーだろ!」
スタスタ

桃井「ちょっ・・・」
「大ちゃ・・・青峰君!」

マネージャー「ねえねえさつきちゃん!」

桃井「ん?」

マネージャー「青峰君と幼なじみなんでしょ?いいなー!」
「彼女とかいるのかな?」

桃井「え?」

マネージャー「ねー!この前の全中でも大活躍だったし・・・カッコいいよね?」

桃井「え・・・そ・・・そうかな?(アレが・・・カッコいい・・・!?)」

バサッ

マネ―ジャー「・・・あっ」

赤司「おっと」

「気をつけて」
「あといつもありがとう」
「日々チームを支えてくれていることに感謝しているよ」
「行こう緑間」

マネージャー「やっぱ赤司様もいいよねー!?」

キャー キャー キャー

桃井「もー結局かっこよければ誰でも・・・」
様!?

マネージャー「だって一年生でもう副部長だよ!?」
「しかも家すごいお金持ちなんだって!」

キャー キャー

桃井「はぁ・・・」


赤司「・・・・・・」

緑間「・・・最近よく考えこんでいるな赤司」

赤司「ん?」
「ああ・・・そうだな」

緑間「この前の全中のことか?」

赤司「ああ・・・」
「優勝こそしたが危ない場面もいくつかあった」
「来年再来年の事を考えると盤石とは言いがたい」
「監督や部長もそこを懸念していた」

緑間「オレ達が実力をよりつけるのではだめなのか?」

赤司「むしろ今でも戦力的には問題ない」
「・・・ただ」

「今の我がチームはバスケットがすべて正攻法すぎる」
「だから奇襲の類への対応が遅れる時がある」

欲しいのは変化・・・
例えば試合の流れを変えたい時に重宝する6人目
そんな選手だ


青峰「うわぁー!!

黒子「あの・・・」
「どちら様ですか?」

「・・・あ」

「・・・青峰君?」


青峰「・・・へー そんで毎日昇格目指して居残り練習か」
「すげーな そこまでやってんのは一軍でもなかなかいねーよ」

よっし決めた!

黒子「・・・え?」

青峰「これから毎日ここで一緒に練習する!」
「そんでいつか一緒にコートに立とうぜ!」

黒子「・・・いいんですか?」

青峰「バーカ いいも悪いもあるかよ!言ったろ バスケ好きな奴に悪い奴はいねーって!」


桃井「最近青峰君楽しそうだね」

青峰「あーちょっとな」

「バスケ大好きな奴見つけてよ」
「もしかしたらオレよりかもってぐらいの」

桃井「へー」


先生「秋季昇格テスト」
「今回2軍へ上がるものはなしだ」

「各自もっと自分に何が足りないか考えて練習するように」

「以上だ!」


「・・・黒子 ちょっと来い」

「はっきり言おう」
「お前にウチの部はムリだ」

黒子「・・・え?」

先生「ウチの部は他の部に比べ人数が圧倒的に多い」
「その中で試合に出れるのは本当にひとにぎりだ」

「だから三軍でテスト下位5名には退部をすすめている」

「お前が今までがんばってきていたのは知っている」
「それでも結果 相対的には順位が下がった」

「命令ではない 決めるのはお前だ」

「ただし・・・試合に出るのはほぼ不可能とは思っておいた方がいい」

写真 (4).JPG

黒子「・・・すみません」

・・・けどもうどうしたらいいのか
わからないんです

写真 (2).JPG

どうしたら・・・・・・


青峰「はぁ!?
なんでだよ!?

黒子「バスケは好きです」
「・・・けど」
「入部してから半年・・・やはり向いてないものはどうしようもありません」

「ましてやこの帝光中学校では」
「ボクはとてもチームの役に立てそうにありません」

青峰「・・・−−−」

「チームに必要ない選手なんていねーよ」

「たとえ試合に出られなくても・・・・・・」

「1軍の奴らより・・・文字通り誰よりも遅くまで残って練習してる奴が全く無力なんて話あってたまるかよ」

「少なくともオレはそんなお前を見て尊敬してたし」
「もっとがんばろうと思えたんだ」

「諦めなければ必ずできるとは言わねぇ」

「けど諦めたら何も残んねぇ」

黒子「・・・・・・」

赤司「青峰」

「最近見ないと思っていたらこんな所にいたのか」

青峰「あー向こう体育館は人が多くて・・・」

赤司「まあ どこで練習してもかまわないが」

「彼は?」

青峰「ああ・・・いつも一緒に練習してんだ」

紫原「あれーこんな人いたっけ?」

青峰「1軍じゃねえからな」

紫原「ふーん・・・なーんだ」

「ねーもー行こーよー」

赤司「・・・いや」

「彼に少し興味がある」
「面白いな・・・初めて見るタイプだ」

緑間(何を言っている赤司・・・?)
"優秀な選手とはとても思えない"

赤司「もしかしたら
オレ達とは全く異質の才能を秘めているかもしれない

緑間"まさか"

"彼だと言うのか"

赤司「悪いが全員先に帰っててくれないか?」

「彼と少しはなしがしたい」

6人目は―――

バスケ人生絶望の淵に立っていた黒子に・・・赤司征十郎、手を差しのべる!!

第205Q/おわり


中学生の頃の青峰はまったく毒っけの無い顔でかわいらしいですね。

しかし先生クソです。。。

ただ、自主連をやってる奴が一人もいないって言うのもね・・・

そんな中で黒子はがんばっているのに順位が落ちるって言うのは一体そういうことなんでしょうか?

存在感が消え始めてパスが回ってこないんでしょうかね?

さて、いよいよ赤司が黒子に声をかけましたね。

先生は退部勧告を出した訳ですが、赤司の一言で立場は変わるのでしょうか?

・・・

変わるんでしょうね?

次週の展開が楽しみです。

〜 黒子のバスケ ネタバレ 205 確定 画像 〜

2013年03月14日

黒子のバスケ ネタバレ 204 確定 画像

黒子のバスケ ネタバレ 204 確定 画像

黒子のバスケ第204Q確定版のネタバレ画像バレ行きます。

見事海常に勝利した誠凛。

試合終了後、火神は緑間から「赤司征十郎は二人いる」という言葉を受けました。

さて、キセキの世代と呼ばれた彼らの帝光中時代に何があったのでしょうか?

【第204Q:青い空の日】

ジャッ ジャッ ジュワワッッ

伊月「おーい火神ー」

日向「まだ?」

ぐ〜〜〜〜〜〜

火神「あーもー!」

「もーすぐできるっすから!(だまって待ってろよ!)」

日向「はーらーh−っーたー」

監督「ごめんねー火神君手伝わせちゃって」

火神「いーっすよ こっちの方が安全だし」

監督「え?」

火神「あーそれ違うっ!コショウじゃなくてサンショウ!!」

監督「あ!いけない間違えた!」

火神「・・・って」

写真.JPG

黒子なんかマジな話するカンジだっだのに何で家でくつろいでんだあんたら!!

日向「真冬の寒空の下腹をすかせて長話聞けっつーのかお前は!」

伊月「どっちにしろ青の後研究やるし ここでやっていいって火神言ってたじゃーん」

火神「そりゃそーだけど・・・・・・メシも?

黒子「ボクもお腹減ってきました 早くしてください火神君」

ドンドン

火神「お前も話す気あんのか!!

「あーもー!ホラ!!(できたよ!)」

みんな「おーうまそー! いただきまーす!」


「はー食ったー」

「ごちそーさまーーー!」

日向「・・・・・・さてと」

さあいいぞ!!話せ」

黒子「! えーと・・・」

「この流れでいざ一段落されるとすごい話しずらいんですけど」

監督「ちょっと!」

「明日の決勝にも関係ある話よ」

「真面目に聞きましょ!」

伊月「黒子ってバスケ中学から始めたの?」

黒子「・・・いえ」

「ボクがバスケを始めたのは小5から・・・・・・」

「TVで試合を見て面白そうと思ってて・・・いたって普通の理由で始めました」

伊月「へー・・・何か逆に意外だな」

黒子「近くにミニバスのクラブなども無かったので」

「ボクは毎日ゴールのある公園で一人でバスケをしていました」

「そんなある日 一人の男の子が声をかけてくれたんです」

「彼とはすぐに仲良くなりました」

「学校は違いましたが毎日放課後 日が暮れるまでバスケをして」

「また彼はボクより上手かったので色々教えてくれました」

「ですが6年生の時彼は引っ越すことになり」

「その時一つ約束をしました」

「二人とも中学ではバスケ部に入っていつか試合で戦おう・・・と」

伊月「へーそんな奴がいたんだ」

「で どーなったの?」

「今でもやってんでしょバスケ」

黒子「・・・いいえ」

「やめました」

「ボクのせいで」

「彼はもう絶対にボクを許してくれないでしょう」

みんな「え?

いすき「なんでっ・・・!?いったい何が・・・・・・

黒子「その事はこれから話す話にも関係があります」

「だから・・・・・・そうですね・・・」

「やはりここからは順を追って話しましょう」

「彼と約束し年が明けた4月」

「ボクは帝光中学校に入学しました」

「春とは思えないほど澄んだ青い空の日でした」

写真 (2).JPG

桃井「ねぇねぇ大ちゃんっ!」

「部活何にするk決めた?」

青峰「あー?んなわかりきったこと聞くなよ今さら」

「バスケに決まってんだろ」

「ここ相当強えーらしいし楽しみだぜ」

桃井「へー」

「じゃーアタシマネージャーとかやろっかなー?」

「試合の日 なんならお弁当とか作ってあげよっか?」

青峰「・・・いいわ そんなことしたらオレ試合出れねーじゃん」

桃井「ちょっと!それどーゆーイミー?

ドンッ・・・

青峰「っと」

黒子「・・・すみません」

青峰「ワリ・・・」

「・・・ってあれ?」

桃井「どうしたの!?」

青峰「いやー・・・?ま いっか」

学生@「あ!キミ本好きなの?」

「文学部とかどうかな?」

黒子通過・・・

緑間「いいや これは電話帳なのだよ」

学生@「電話帳も立派な・・・え!?」

「なんでキミ電話帳持ち歩いてるの!?」

緑間「ラッキーアイテムなのだよ」

「おは朝の」

学生@「え!?えーと・・・え?ラッキー・・・?なのだよ?」

ザワ ザワ ザワ

学生A「うっわキミデカイねー!!」

学生B「スゲー!!」

「バレ―部!!ぜひバレー部に!!」

紫原「え〜〜〜・・・どーしよーかなー」

「てかメンドクサイーーー・・・」

女子学生@「ちょっ・・・あの人すごくかっこよくない?」

女子学生A「ホントだ―ーー!」

黄瀬(汗)

キッ・・・(車止まる)

運転手「本当にここでよろしいのですか?」

赤司「ああ」

「あと明日からは送迎もしないでくれ」

運転手「そういう訳には・・・お父上にも校門まで送り届けるようにと・・・」

赤司「父は関係ない」

「それに毎朝そんなことされては変に目立って笑われてしまうよ」

「学校ぐらいオレの自由にさせてくれ」

写真 (1).JPG

黒子「ボクも」

「もちろんバスケ部です」


・・・体育館

黒子「あの・・・ここにいる人達全員バスケ部なんですか?」

新入生A「うわっ ビックリしたぁ!

「えーっと・・・そーだよ」

「キミ知らないの?ミニバスやってたら常識だよ」

「この学校のバスケ部は名門超強豪だぜ?」

帝光監督「まず最初に言っておくが我が部は優勝を前提に活動している」

「軽い気持ちで入った者は今すぐ他の部へ行くことを勧める」

「残った者も練習は相当ハードなものになることを覚悟してもらおう!」

「自己紹介の前に まず今から全員クラス分けテストを行う」

「体力テスト及び技術テスト」

「このテストの結果で一軍から三郡にふりわけることになる」

「公式戦にレギュラーとして出れるのは当然一軍からだ」

「初心者及び今いない遅刻者は三軍に入ってもらう」

「またこのテストは今後も定期的に行う」

「二軍三軍になった者も諦めずに練習し上を目指すように」

「以上だ!」

新入生B「つーかそもそも一年生のこの最初のテストで一軍入った人なんていないらしーぜ・・・」

新入生B「まじで・・・!?よくて二軍ってこと?」

「だったらこのテストまず目標は二軍入りだな」

「がんばろーぜ」

黒子「・・・・・・」

・・・体育館の外

オオオオオオオオオオ

黄瀬「おーなんか盛り上がってるっスねー 何部だろ?」

「オレもなんか運動部入ってみるかなー」

「あーでも姉ちゃんが勝手に写真送ったモデル事務所から昨日電話あったって言ってたな―」

「どーすっかなー」

「どーせやったらできちゃうからなーだぶんどれも・・・」


・・・体育館

先生「これからテスト結果を発表する」

「まず三軍から」

「名前と番号を呼ばれた者は向こうの三軍コーチの前へ行くように」

「2番 斉藤信雄」
「4番 ・・・」
「・・・太」
「28 番島田俊助」
「39 番田中潤」
「えー」

「31 番黒子テツヤ」

「以上だ」

「続いて二軍を発表する」

新入生「やったー!」
「オレ二軍だ!」
「オレも!!」

先生「・・・番 武田修」

「以上だ」

続いて一軍を発表する

新入生「・・・え?」

新入生「今一軍って言った・・・?」

「ウソだろ・・・・・・」

「確か一年で一軍入った奴は今までいないって・・・」

先生「8番 青峰大輝」
「11番 緑間真太郎」
「23番 紫原敦」
「29番 赤司征十郎」

【黒子のバスケ 帝光編】

写真 (3).JPG

第204Q/おわり


ついにこれまで隠されていたキセキの世代の中学時代が明らかになりますね。

しかし、それと決勝がどう関係してくるのでしょうかね?

今後の展開が楽しみです。

〜 黒子のバスケ ネタバレ 204 確定 画像 〜
posted by kuroko at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。